マニアックなSMプレイを人妻風俗からされる魅力

エッチネタ・風俗体験談配信 アゲアゲ

人妻SM嬢のM性感テクに感動を覚えました

魅力あふれる人妻のテクニック

■人妻風風俗かと思えばまさかのリアル人妻SM嬢
俺が人妻M性感を初体験したのは、会社の上司に強く勧められたことがきっかけでした。
人妻といっても、あくまで人妻風だからそこまで構える必要もない
とは聞いていたものの、いざ訪れてみるとリアルに人妻さんだというから驚きました。
いや、俺ももう数ヶ月で三十路の仲間入りを果たすアラサー男なんですが、恋愛に関してはわりと奥手といいますか。
そんなこともあって、人妻とSMな関係だなんてまずありえなかったんですよね。
だから、何度も上司に繰り返し確認して「本物じゃない」と聞いたからこそ訪れたのに
まさかのリアル人妻なSM嬢だったんですからたまったもんじゃありません。
別に、年上や熟女が苦手というわけでもないのですが
こう、他人の妻である、子持ちであるなどとなってくると
ちょっと精神的に抵抗を覚えてしまうんですよね。
その証拠に、いざ人妻嬢さんと対面しても
なかなかムスコが反応しなかったぐらいですし。
ああ、せっかくまとまったお金払って利用してるのに
何か損したなあと、序盤ではちょっと後悔すらしていたほどです。
■いざプレイが始まってみると
ところが、そんながっかり感は序盤だけのものでした。
いざM性感プレイが始まると、ムスコはあっという間に反応して、見事マックスの状態に。
それもこれも、人妻SM嬢さんの超絶テクのおかげです。
若い子にはない、何というか、とても丁寧で入念で、慈しむかのような
それでいて責めるところは責めるというメリハリある技の数々に
俺はものの見事に骨抜きにされてしまっていたのでした。
手コキひとつとっても、まるで大事な家宝でも扱うかのように触ってくれますし
フェラチオだって、よだれをいっぱい使って、滑らせるようにやさしくしゃぶってくれるしで、普通の若い女の子とするエッチとはぜんぜん違いました。
かと思えば、前立腺責めやバイブ責めではぐりぐりとツボを突いた激しめプレイで
いい意味で気の抜けない時間ではあったのですが
人生経験を重ねた女性、一人の男性に嫁いだSM嬢というのは、また新たな領域に達しているんだなあと、ちょっと感動すら覚えました。
■プレイだけがプレイじゃない
もうひとつ衝撃を受けたのが、トークテクニックでした。
風俗なんて、アダルトなプレイをするためにいくところだと思っていましたが
その人妻SM嬢はそれだけにとどまりませんでした。
会話のひとつひとつ、淫語、しぐさの節々にまですごく上品さ、丁寧が感じられたんです。
責められたり罵倒されたりしているのに、それがもはや癒しにすら感じられてくるほど。
いやあ、俺、わりと真性Mだったのかもしれません。
後日、この日の感想と共に、その上司にはしっかりお礼の気持ちを伝えておきました。